2010年09月10日

9/8クセになる辛さ

御徒町にあるラーメン横町の「中本」で、からうまラーメンを食べてきました。
店で一番人気の「蒙古タンメン」。

100908DSCF1902.jpg

スープをひと口すするだけで、鼻に辛さがツンと満ちてゲホッとむせます。
でも、なんとなく旨い。
舌も口の周りも辛さで痛み、頭からは滝のように汗が吹き出し、
「これは全部食べられるだろうか」と心配しましたが、
旨いのでなんとか耐えながらも完食。
(隣の人は、3分の2も残して帰っちゃいましたね)

ちなみに私の食べた「蒙古タンメン」は店の表示で辛さ度5。

一緒に行ったINOさんは、辛さ度9の「北極ラーメン」に挑戦。
ほとんど真っ赤です(笑)

100908DSCF1901.jpg

意地になって完食したのには脱帽。
肝臓も強いが、胃も強いんですねぇ〜

食べてる途中では、もう2度と食べないだろうと思ったんですが、
一夜明けたら、また食べたくなりました。
どうも、あの辛さには依存性があって、クセになるのかもしれません。
それとも、「のど元過ぎれば熱さを忘れ」かな・・・
posted by ゆたんぽ at 08:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。