2012年08月17日

7/27 タイ旅行A 古都アユタヤへの思い

本当に駆け足だったタイ旅行。

2日目は世界遺産、古都アユタヤの遺跡めぐり。

帰国してからも、この遺跡に思いを馳せることが多いです。

バンコクの絢爛豪華な寺院も面白かったけど、心に残るのはアユタヤの寂寞とした廃墟。

アユタヤを見たら、今度はアンコールワットへもいきたくなります。

<ワット・ロカヤ・スタの寝釈迦仏>
120727DSCN1088.jpg

<ワット・ヤイ・チャイ・モンコンのチェディ(仏塔)>
120727DSCN1077.jpg

<ワット・プラ・シー・サンペット>
120727DSCN1083.jpg

<ワット・プラ・シー・サンペット>
120727DSCN1087.jpg


<ワット・プラ・マハタート>
切り落とされて残され、長い年月で菩提樹の木におおわれた仏頭
120727DSCN1078.jpg
posted by ゆたんぽ at 23:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

8/5 フランス娘 わが家に来る

8月5日、謹厳実直なドイツ娘に代わって、ちょっと気むずかしいフランス娘がわが家にやってきました(笑)

実は私、“隠れシトロエニスト”だったんです。

前の前のアウ爺A4のときも、さんざん“エグザンティア”と迷った経緯があります。

カミさんは、アウ爺がえらくお気に入りだったんですが、シトロエンへの私の熱い片思いに根負けしたのか、「次はシトロエンでもいいよ」とお許しが出て、ハンコ押しちゃいました。

“シトロエンC4 エクスクルーシブ”
色は見てのとおり真っ赤な“ルージュ・バビロン”

そのC4での初めてのロングドライブは、伊豆一碧湖畔にある“オーベルジュ ル・タン”
フランス車でフランス料理を食べに行く。

なんともベタなシチュエーション(笑)

120805DSC_0193.jpg

「ああ、これがフランス車の乗り心地なのね」とウットリする半面、かなり違和感のあるトランスミッションの変速と敏感なブレーキに、「こりゃ、乗り慣れるんだろうか」と不安を抱きつつ、わが家のフランス車生活が始まりました。
posted by ゆたんぽ at 12:40| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

7/26 タイ旅行 その1

7月26日から29日まで、タイに行ってきました。
訪れたのはアユタヤ、バンコク。

カミさんと二人、ほんとに駆け足の3泊タイ観光旅行。

同行したのは、23年前、ヨーロッパへの新婚旅行で同じツアーで友だちに群馬のA夫妻。
それ以来、頻繁に会えないけど、ずーっと仲良くさせていただいてます。

成田空港を12時出発。

バンコクのスワンナブーム空港に到着する30分前、「空港周辺が雷雨のため、別の空港に向かいます」とアナウンス。

しょっぱなから波乱の展開!かと思いきや、着陸態勢に入る少し前に「バンコクの天候が回復してきましたので、予定どおりスワンナブーム空港に着陸します」ということで、1時間遅れで到着。

そのまま、空港からアユタヤへ向かうものの、今度はバンコク名物の大渋滞に巻き込まれ、通常40分くらいの道のりを倍くらいかかり、アユタヤのレストランで食事にありついたのは、9時を回っていました。

アユタヤ名物、手長海老など食したあと、ライトアップされたワット・チャイワッタナラームをチラッと見てホテルに入り、ぐっすりと休みました。

DSCN1061.jpg

DSCN1055.jpg

DSCN1054.jpg
posted by ゆたんぽ at 17:56| 神奈川 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。